あらゆる食事制限のダイエットを行いましたが効き目はゼロ

あらゆる食事制限のダイエットを行いましたが効き目はゼロ

私がダイエットを行い、痛切に感じた事各世代によって、ダイエット方法を変えなくてはいけないと思いました。

 

正直、私は今、47歳なのですが、太り始めたのは26歳からだったと鮮明に覚えています。私は太る前までは、肥満は遺伝だと真剣に思っていました。私の両親は二人共、やせ型なので26歳で太り始めた時も明らかに不摂生だったと思っていますが、また、数年すれば、元に戻るだろうと気楽に構えていました。しかし、その26歳から太り始め、元に戻る事はなく現在、80kgの体重となってしまました。

 

あらゆる食事制限のダイエットを行いましたが効き目はゼロでした。食事制限だけでは痩せる事は出来ないと、ダイエットを始めて二か月たった時に知る事ができました。そこで食事制限も見直しつつ、運動を取り込むスケジュールを組んだのですが、自分で決めた運動スケジュールなのに妥協をしてしまいます。中々、進まないダイエットの最中、先輩であり、友達が私にくれたお話がありました。

 

それは、仮にダイエットに成功した、その先のヴィジョンはあるのかと言うお話でした。着地点があるから、何事でも高いモチベーションを持って、がんばれますが逆に着地点を決めないと、ダイエットもただただ苦しくなって、辞めてしまいます。私がそうでした。そんな教訓を生かして、今度はどの様なダイエットが必要かと言えば、動く事だと思いました。20代、30代は、食事制限だけでも痩せられると思います。

 

しかし、40代以上はそうは行きません。私はダイエットの前にまずは着地点を決めようと決意し、食事制限も意味あるものにしたいと思っていました。そんな時にダイエットに成功した先輩のアドバイスもあり、食事制限では半日ダイエットを行う事にいたしました。半日ダイエットは、晩御飯が終わるまでは、何も食べられないと言うダイエットを敢えて決意いたしました。そして肝心な運動の方ですが、軽めの週3日のジョギングと週末のプールです。もっとハードなスケジュールも一瞬、思考いたしましたが、継続しなければ意味がないですし、楽しみながらやって行かないと思っています。楽しむための環境作りは大切です。それはダイエット当初はジョギングの場所を地元にいたしました。

 

最初は地元と言う安心感もありましたが、やはり地元でのジョギングは、毎日見ている環境に飽きてしまいます。だから私は職場から一駅分、ジョギングを行う様にしました。するとジョギングの中での景色が、常に新鮮であっと言う間にジョギングは終わりました。なんでもこの部分だと思います。ダイエットの環境は、良くも悪くも自己責任です。だからこそ、そういう環境作りへのサプライズは継続するのであれば、必要不可欠なものだと思っています。