和食は健康や美容効果も高い食事

和食は健康や美容効果も高い食事

ユネスコの世界無形文化遺産にも選ばれた和食は、健康や美容効果の高い食事として国内外から関心を集めています。

 

 

ヘルシーな和食は、体に負担をかけることなく痩せられることから、ダイエットにも適した食事とされています。一汁三菜を基本とする和定食は、豊富な食材からバランスよく栄養を摂取することができます。和食では、味噌やぬか漬けといった発酵食品を使います。発酵食品には、腸内環境を整えて、体内の毒素や老廃物を排出させる働きがあり、すっきりとした綺麗な体を目指すことができます。

 

 

料理の下味使ったり、ドレッシングを作ったり、と用途の幅が広い塩麹も、優れた発酵食品のひとつです。また、和食では、動物性たんぱく質を含む魚類や肉類に加えて、植物性たんぱく質を含む豆腐や豆製品を使用します。豆類には、良質のたんぱく質のほか、糖質を代謝する上で欠かせないビタミンB1が豊富に含まれているので、効率よく糖質を燃焼させて痩せやすい体質に近付くことができます。

 

 

大豆の加工品の代表格である豆腐は、そのまま冷奴で食べたり、味噌汁の具材にしたり、潰して和え衣にしたり、と様々な調理法で食事に取り入れられます。食物繊維やミネラルを豊富に含む低カロリーの海藻類も、ダイエットに積極的に生かしたい食材です。乾燥させたワカメやヒジキは、常温で長期保存が可能で、水や湯で戻して簡単に使えるので、常備しておくようにしましょう。

 

 

出汁を取るのに使った昆布は、佃煮にしたり、細切りにして炒め物に加えたりすると、美しい体を作るのに役立つ栄養素をしっかり摂取できます。自炊を基本にするのが理想ですが、外食が中心の食生活の場合にも、定食屋で一汁三菜の食事を上手に選択することで、食事でのダイエット効果を高めることができます。

 

 

カロリーや栄養バランスを考えて、定食に野菜の小鉢をプラスしたり、ご飯を少なめにしたり、と工夫をしながら賢く食事を取る習慣を付けて下さい。